« インプラントについて | メイン | 中原駅前歯科クリニックからのお知らせ。 »

歯の詰め物について

虫歯の治療をしていて気付く事があります。
それはアマルガムという旧来の詰め物や、10年以上経ったと思われる
部分的な詰め物(インレー)の縁から虫歯が進行しているケースが多いという事です。
一瞬、見た目は虫歯とは気付きませんが、よく目を凝らしてみると
歯の表面から透けて黒くなっている箇所があり、患者さまも以前からよく水がしみて
いたと言われるので、レントゲンで確認して古い詰め物を取ると虫歯だったという
ケースです。
ただ単に水にしみるという事であれば、知覚過敏の可能性もありますので
全てが虫歯であると断定できませんが、やはり定期的な歯のチェックが必要だなと
思う昨今です。

院長

About

2007年10月24日 00:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「インプラントについて」です。

次の投稿は「中原駅前歯科クリニックからのお知らせ。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35